様々な洗顔

泡と手

クレンジングにも様々な種類がある

クレンジングと一言に言っても、その種類は様々にあります。 広く出回っているのはオイルタイプやリキッドタイプですが、他にもジェルタイプやミルクタイなどがあります。
オイルタイプはメイクとの馴染みが良く、滑らかな質感で使いやすいと人気も高いですが、実は肌への負担も一番大きいというのは余り知られていません。
オイルタイプは、オイルと言う名前の通り主成分は「油分」です。元より人の肌には皮脂という油分があり、それが過剰に分泌されるようになると肌の上で酸化してしまい、肌荒れに繋がります。
オイルタイプのクレンジングも、しっかりと洗い落とさなければ酸化の原因になってしまう危険性があります。同じ理由で、ミルクタイプのクレンジングも油分を含むため、余りおすすめできません。
おすすめのなのは、油分を含まないリキッドタイプかジェルタイプです。これらは酸化しないのはもちろん、質感も滑らかであるので、ゴシゴシとした洗顔で肌を傷つける心配もありません。
また、水を主成分としているものもあるので、乾燥肌の人にもおすすめです。クレンジングを選ぶ際は、タイプの違いをきちんと理解した上で選ぶことが重要なのです。

場面によってタイプを使い分けることで美肌を保つ

微笑む女性

リキッドタイプやジェルタイプが肌への負担が少ないのは確かですが、大事なのはしっかりとメイクを落とし切ることができるかどうかです。
その点においてオイルタイプは、水洗いが甘いと酸化してしまう危険性はありますが、メイクを落とし切る力は、リキッドタイプやジェルタイプに比べ、とても優れています。
メイク用品はもともと油分を含んでいるので、同じ油分を持つオイルタイプと馴染みが良いので落ちも良くなるのです。クレンジングの使い方でおすすめなのは、メイクの濃さによって使い分けることです。 普段のメイクなら、リキッドタイプやジェルタイプでも十分に落とすことができます。
極々薄いメイクなら、クレンジングなしの洗顔でも落とすことは可能です。
オイルタイプは、パーティに出席した時やイベントで特殊なメイクをした時など、特別メイクを濃くした場合に用いるのが良いでしょう。
べた付きが気になるときはさっぱりとしたもの、乾燥が気になるときはしっとりとしたものと、時期によって他の基礎化粧品を使い分けるように、クレンジングもまた場面によって使い分ける工夫をすることで、肌を健やかに保つことができます。

おすすめの記事