帰宅後すぐのクレンジングでダメージを最小限に

クレンジング

帰宅してからしばらくしてメイクを落とすという方もいます。しかし、酸化した皮脂やメイクは刻一刻と肌にダメージを蓄積させます。
帰宅後すぐにメイクを落とすことでダメージを最小限にとどめます。

積み重ね

酸化した皮脂や化粧が肌についている時間が短ければ短いほど美肌になります。
帰宅してから二時間後に入浴して化粧を落とすという生活をしていたとします。この二時間が積み重なる事で5年後のお肌が変わってきます。
帰宅してすぐにクレンジングを行うことで肌のダメージを最小限に抑える事が出来ます。

クレンジングとは

クレンジンジングとは、汚れを落とすという意味があります。お肌の汚れを落とすことをクレンジングといいます。
化粧は洗顔石鹸などで落としづらいので、専用のクレンジングオイルなどを使いましょう。

クレンジングの効果

お肌のダメージを最小限に留めるために、クレンジングを行う必要があります。
クレンジングとは一体どのような行為なのでしょうか。

意味

クレンジングとは、汚れを落とす、浄化するという意味があります。
酸化した化粧や皮脂といった汚れを落とすことをクレンジングといいます。

専用

化粧の油分などは、洗顔石鹸などでは落としづらく、お肌に残ってしまうこともあります。
その為、化粧を落とすための専用のクレンジングオイルやジェルなどがあります。
酸化した化粧をしっかり落とすためには専用のクレンジングアイテムを使うことが美肌の秘訣です。

クレンジングの方法

水で顔をすすぐ女性

クレンジングを行う際に、ただクレンジングオイルを塗って流すだけではいけません。
ちょとしたコツと手間でクレンジングの効果を高める事が出来ます。実践することでより美肌に近づけます。

コツ

クレンジングを行うに当たって、より効果的に汚れを落とす方法があります。
間違った方法だと逆にお肌を傷める事がありますので注意が必要です。

温める

クレンジングの際には、専用のクレンジングオイルやジェルを用意しましよう。
クレンジングオイルを手にとってすぐにお肌につけるのではなく、手のひらの上で人肌に温めてからお肌につけるようにしましょう。
人肌に温める事によってお肌になじみやすく毛穴の奥まで汚れを落とすことが出来ます。

こすらない

洗顔やクレンジングの際に汚れを落としたいという一心から、ゴシゴシとお肌を擦ってしまう人がいます。
お肌は非常にデリケートなので、ゴシゴシこすることでダメージが加わってしまい、ニキビが悪化したりシミの原因になったりします。
優しく撫でるようにお肌の汚れを落としましょう。下から上へ円を描くようにしましょう。

お湯で流す

クレンジングオイルを流す際に、水で流さずお湯で流すことが大事です。
油分は冷たい温度では落ちにくいという性質を持っています。温かいお湯で油分を溶かしながら落としましょう。
お湯が熱すぎるとお肌にダメージが加わるのでぬるま湯がよいでしょう。
少しの手間で、クレンジングの効果をぐっと高める事が出来ます。手間を惜しまずお手入れをすることで美肌を実現できます。

おすすめの記事